【詐欺】Trade Coin Club(トレードコインクラブ)がポンジスキームである三つの理由

 最近話題になっているTCC(Trade Coin Club)

 

 私の周りに5BTC投資した人が居たので、気になって調べてみました。

 TCCはどう見ても詐欺(ポンジスキーム)であると思います。

 以下その根拠を上げていこうと思います。

 

  

どう見てもShelf Company

f:id:yutoyuto0928:20180107220331p:plain

 TCCの事業許可証(紹介動画でも誇らしげに見せてる)では、事業者名がAEGIS CORPORATE SERVICES LIMITEDとなっています。

 

 ICS (http://www.offshorebelize.com/shelf-companies/)というサイトの過去のキャッシュを見ると、この会社がShelf Company(日本でいうペーパーカンパニー)として売りに出されていたものであることが分かります。しかもこのリストの中で一番古く、値段が張るものです。

f:id:yutoyuto0928:20180107220359p:plain

 信用の無い新しい会社を設立するのではなく、古い会社の事業許可証を買取り、以前から事業を行なっていたように見せかけていると考えられます。詐欺目的でなければこんなことしません。

 

会社の事務所

 

 会社の事務所がこちら。

http://www.belizerealestate.bz/listing-FullyFurnished+HighEnd+Office+Space+for+Rent+along+Coney+Drive++Gordon+House-845.html

 

f:id:yutoyuto0928:20180107220439p:plain

 

 ユニセフと同じビルに入居しているとか言って信用感を出そうとしているところがいかにも胡散臭い。TCCの運営元はTrade by Tradeという金融ライセンスも取得している実績のある会社ということになっていますが、オフィスの貸し元のHPの過去のキャッシュを辿ると、2016/8/26の時点では空室(Active)となっていることが分かります。

 

f:id:yutoyuto0928:20180107220453p:plain

 

 TCCのHPのドメインが登録されたのが2016/8/2ですから、少なくともTCCを運営するために新しく事務所を構えたことが分かります。

 

 

 

 TCC設立の直前に、古くて信用のあるShelfCompanyを買い、さらに信用感のある事務所を借り、それを宣伝材料にする。普通の人だったら100%詐欺だと思いますよね。

 

 

 ちなみにオフィスの内観

f:id:yutoyuto0928:20180107220540p:plain

2016/4/25時点の日経平均株価や意味ないPV等がループで流れ続ける大量のモニター

 

 

f:id:yutoyuto0928:20180107220550p:plain

パソコン一台置いていないシステムコントロールルーム(笑)

 

 

 モニタやパソコン以外備え付けの調度品そのままのようです。

 こんなところで正常な業務を行なっているとは考え難いですね。

 

 

Apprenticeが儲からない

 会社自体が相当胡散臭いということは分かっていただけたと思うので、次はTCCのシステムの構造を見ていきましょう。

 TCCでは、投資額に応じて下からApprentice、Trader、Senior Traderという三つのプログラムが用意されており、配当や紹介報酬が変わってきます。

 また、AI管理された投資による利益を配当する(という触れ込み)代わりに、ソフトウェア使用料や引き出し手数料など様々なところでビットコインTCC側に取られる仕組みになっています。

 

 

 誰も紹介していないApprentice0.25BTCの投資をした場合を考えます。

・0.25BTCをTCCに投資する。

・0.05BTCがソフトウェア使用料として、0.1BTCがNetworkPaymentとして取られる。

・0.1BTCが残り、毎日1%の配当を受け取る。

・86cycle後、(0.086BTC×(100-25)%=0.0645BTC)を受け取る。

・172cycle後、配当は0.129BTCとなる。

・投資金と配当の総額は、0.229BTC。

・このうち実際に引き出せるのは87.5%=0.200375BTC。

・1BTCを投資してアップデートを行わなければ、手元に残るのは0.200375BTCのみ。

・これは0.25BTCより低い。

 

 

 このように、紹介報酬が無ければ少額の投資では絶対に儲からないようなシステムになっています。実際に運用して利益が出せていればこんなシステムにはしませんよね。実はTCCには紹介制度があり、紹介を続ければ莫大な利益を上げることも可能です。典型的なピラミッドスキームですね。

 

 

 このようにTCCは、「AI管理の投資」と「ビットコイン」という魅力的なワードを軸に、ポンジスキームとピラミッドスキームを掛け合わせたような構造となっていることが分かります。しかも手数料や報酬の複雑なシステムによりそれを悟らせない。

 また、ビットコイン建てのため、投資額を取り返すことはほぼ不可能だと思います。巧妙な手口ですね。考えた人スゴい。

 

 

 

 

結論

 ここまでは私のただの推理ですので、「TCCはやめろ」とか、「紹介しまくれば儲かるからやれ」だとか、「数年後に破綻するだろう」とか、偉そうなことを言う気はありません。軽い注意喚起くらいに受け止めていただければ幸いです。

 

 

 

 末尾になりますが、おまけとしてTCC.comの国別アクセスを貼っておきます。

http://tradecoinclub.com.hypestat.com/

f:id:yutoyuto0928:20180107220751p:plain

 

 

 

 

 

 日本がぶっちぎりの1位。

 さすが日本人…。

 

 

 

 

 

参考映像

https://www.youtube.com/watch?v=5S6BAfkGaCo

https://www.youtube.com/watch?v=crqQGu-vQ5U&t=400s

https://www.youtube.com/watch?v=3CMUej29CCM

 

 

 

【2018/3/9追記】

検索エンジン経由での弊ブログへの訪問、大変ありがとうございます。

弊ブログではこのような真面目な記事以外にも多数のふざけた記事をご用意しております。是非、ご覧下さい。

 

rikei-himajin.hateblo.jp

rikei-himajin.hateblo.jp

rikei-himajin.hateblo.jp