卒論の最終発表と提出が終わりました

 ブログ更新をすっぽかしてから約1ヶ月が経ちました。

 今回のサボりの理由は卒論の執筆をしていたためです。

 

 

 

 

 というのはフェイクで、実はモンスターを狩り続けていたからです。卒業が賭かっているという状況で、モンハンをプレイした時間は今日の時点で160時間。最新作「ワールド」の発売日が1/26日であったことを踏まえると、平均で1日6時間プレイしていたことになります。どこにこんな時間があったのでしょうか。

 

 

 

 

 

 私がモンスターハンターというゲームに最初に出会ったのは中学1年生の時でした。初めてプレイしたタイトルは「2ndG」で、このソフトは茨城県の県民数より売れたみたいです。起動する度にゲームのプレイ時間表示されるのですが、それが1,000時間を超えていたことを覚えています。その時間は外で遊ぶ時間を生贄にして捻出しました。

 

 

 

 

 

 次にハマったのは中学3年生の時に発売された「3rd」です。このゲームの登場で、受験生であるという自覚が消失しました。

 

 

 

 

 次にハマったのは大学2年生の時に発売された「クロス」です。この作品は300時間くらいプレイしました。過去作のモンスターがたくさん出て来て懐かしかったです。サークルへの参加時間が減りました。

 

 

 

 

 

 

 そして先月、卒論の執筆があるのにも拘わらず、最新作の「ワールド」にはまってしまったわけです。今回は卒論のクオリティと教授からの評価が生贄になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに使う武器は基本的には双剣です。でも実際には何かを犠牲にする「諸刃の剣」を振り回していたのでした。