HUAWEI nova 2 HWV31に機種変更した話

 長い間愛用していたXperia Z3ですが、先日便器に落とし無事電源が入らなくなりました。ユニットバスにてシャワーを浴びながらスマホで音楽を聞いていた時の悲劇です。金輪際ユニットバスの物件には住まないことを誓いました。

 

 数万円の電子機器が排泄物と化す瞬間は一入でした。しかし、地球から見たらこんな機械は排泄物のようなものかもしれません。この出来事の御蔭で私は新たな視点を持つことができました。ありがとうXperia

 ここで違和感を抱く人がいると思います。こいつには防水機能が付いているので、普通に考えて便所に溜まっている水の水圧程度では浸水しません。ですが、残念ながら比較的高い位置から便器自体にぶつかったためか角のあたりにヒビができていました。恐らくそこから浸水したのでしょう。金輪際防水機能を信頼しないことを誓いました。

 

 

 というわけで携帯屋さんに行ってスマホを新しくしようと思ったのですが、以前よりも強い嫌悪感と遭遇してしまいました。スマホの料金の表記です。過去の記事で値段が意味不明な因数分解で表されていることについて苦言を呈した私ですが、またもや意味不明な数式に出会ってしまいました。

 

rikei-himajin.hateblo.jp

 

 値段がなんと"(整数) × 48"で表記されているのです。遂に携帯屋さんは24を突破し48で割ることを覚えてしまいました。2つ整数の掛け算でかつ、表示する数字の和を小さくしたいのであれば、いつかは"[√(本体代金)] × [√(本体代金)]"の様な感じで表記されるのでしょう。もうなんでもありですね。言うまでもなくどんな掛け算で表されていようが本体代金自体は変わらないので注意したいものです。

 

 

 本体代金を48で割っているのは、当然ですが48ヶ月間に渡り分割で支払うためです。季節ごとにポンポンと新機種が発表されている中、同じスマホを48ヶ月間も持ち続けることができる人は人類の何%くらいなんでしょうか。ちなみにアイポンはおよそ1年に1度新作が発表されているらしいので、4年で縛ってしまうと分割料金を支払っている間に3回新作を見逃すことになり、3ストライクでアウトになってしまう確率が高いです。(一部を除き)スマホは基本的にハイスペックですので、常に最新のものを使う必要はないとは思うんですけどね。

 

appledays.santalab.me

 

 そろそろHUAWEI nova 2 HWV31の説明をしろって話ですが、買ったばかりのモノを即座にレビューしろってのも普通に考えて無理な話だと思います。私には充電ケーブルが今までのスマホと違う(USB type-C)ことと指紋認証に対応していることくらいしか分かりません。こいつが故障したらそれまでの感想を纏めてレビューにしようと思います。故障するまでお待ち下さい。

 

 

 

 

 一つ一つが高価なスマートフォンは分割払いがスタンダードになっており、本体を一括払いで購入する人は少ないと思います。だからこそ、分割料金を払っている間のことも考えて機種を選択するべきです。まぁそれが難しいんですけどね。